ホーム>VOICE>保護者さまの声
入園案内

保護者さまの声

運動会を終えて

先日の運動会ありがとうございました。入園当初は、毎朝大泣きをしていたYが「運動会始まるよ。園歌が始まるよ。」と声をかけると、私からすっと離れて前へ並んで歌い姿に成長を感じました。

 体操では、流れに乗って歩いて行った先がYにって一番緊張するであろう来賓席の前で、見ていてヒヤヒヤしましたが、泣き出すことなく終わるまでいられてホッとしました。

 かけっこは、「今年は泣かずにゴール」が目標でしたが、しっかり走ってきて驚き、またとても嬉しかったです。  

 帰宅後は、きりん組さんの組体操を、「V字バランス」・「すべり台」・「ブリッジ」と言いながら真似て組体操に挑戦していました。

 Yなりに、お兄さん・お姉さんへ憧れを持っているようです。

 毎日の園生活の中で、お兄さん・お姉さんに優しくされたことが心に残り、「大きくなったらあんな風になりたい」・「あんな事をしたい」と言う憧れの気持ちが育っているのだと思います。

 これも、Yを温かく導き成長させてくださっている先生方のおかげだと思います。

 Yの成長を感じ、楽しい運動会となりました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

わが子は何をするのも人より時間のかかる子で

保護者さま

わが子は何をするのも人より時間のかかる子で、入園当初も「行きたくない」と、よく泣いていました。

泣いているわが子に先生だけでなく、年長児がそばにきて「大丈夫?どうして泣いてるの?」と優しく接してくれたのを覚えています。
毎日話しかけてくれる年長児と、いつの間にか友だちになり一緒に遊んでもらえることで泣かずに登園できるようになりました。初めての運動会では、半べそで、ほとんど何もせず突っ立ったままのわが子に、「どうしてうちの子はみんなと同じようにできないんだろう」と、悲しくなったのですが、先生ができないわ が子を叱るのではなく、手をつないでみんなの所へ連れて行ってくださったり、声をかけても嫌がる時は無理をせず、「そこからお母さんと一緒に、みんなのこ とを応援してあげようね」と、優しく声をかけてくれました。

そして、私に「お母さん、今年出来なくても来年できるかもしれない。それを信じて、待ってあげましょうね。」と言ってもらい、 この子にはこの子の成長のスピードがあって、みんなより時間がかかるんだった。あせってもしょうがない、出来ることを信じて先生の言うように待ってみよ う、と私の気持ちがすっと、軽くなりました。そして1年後・・・、昨年の半べそがうそだったかのように、楽しそうに運動会に参加しているわが子を見て、信 じて待っていてよかったなーと感じました。

生活発表会では

生活発表会では

生活発表会ではSがクラスのみんなの中で歌ったり体を大きく動かして踊ったり表現し ている姿を見られて、とても嬉しく思い、また安心しました。入学前とは違う立派な姿でした。歌やダンスは公民館等に行っても頑なにしない子だったのに。い つもご指導ありがとうございます。

毎日とても楽しいそうです。これからもよろしくおねがいします。

「イネの絵本」大変長い間お借りしていました

保護者さま

「イネの絵本」大変長い間お借りしていました。
おかげ様で2年前にAが持って帰ってきた稲・家で育てた稲も一緒に「脱穀」、「モミすり」が
出来ました。

三人で2時間ほどかかってようやく玄米にする事が出来ました。その後は私が疲れた為玄米のまま白米に混ぜて炊き上げみんなで食べました。自分たちで作業したのが嬉しかったのか、白米の中から玄米を見つけながら美味しく頂きました。こういう経験ができたのも幼稚園のおかげです。

ありがとうございました。首と肩と腕の筋肉痛も嬉しい痛み!?ですね。

卒園生・卒園生保護者 吉田真知子様

吉田真知子

私がしげる幼稚園を卒園して、もう何十年にもなりますが、そこに変わらずあり続けた私の憧れの幼稚園でした。

その当時は木造校舎で、子どもたちも 近所の子だけで本当にたくさん集まっており、しげる幼稚園に行くのが、当然の流れで通っていました。小学校の近くにも位置し、その頃は年長組がなかったので、年長組は近くの幼稚園に入りなおしをしていましたが、これほど時間がたっても、その時の違和感はよく覚えています。

それまで慣れていた環境から一変して、なぜ別の幼稚園に行きなおして知らない人、知らない先生に囲まれて1年すごして小学校に入りました。

本当は、しげる幼稚園にずっといたかった、その思いはいまでも忘れません。
しげる幼稚園は、当時とは建物は違いますが、いまでもそこにある懐かしい幼稚園です。

そして、その当時を思わせるような懐かしいわらべうた、温かい先生方、建物、先生という人は変わっても、いつでも、お母さんのように、お姉さんのように受け入れてくれる、そんなしげる幼稚園は今もそこにあり続けてくれています。

今のしげる幼稚園は、小学校に行くまでずっと通うことができる。いまの子どもたちがうらやましいです。
私は娘もここでお世話になりました。

娘は、しげる幼稚園のおかげで 本を読むのが大好きで、人の話がしっかりと聞ける落ち着いた中学生になりました。
この頃に身についたことは、ずっと変わらないということが本当にわかりました。
親子2代で、お世話になった大切な園です。

 

篠山チルドレンズミュージアム 代表
実践型教育施設 碧河舎 代表

株式会社Dreamaway(ドリームアウェイ)
代表取締役  吉田真知子

loading...